必要な手続き

Pocket

バイクを買い取り店に買い取ってもらう場合は、自分の手元から離れることになります。自分所有のバイクから、一旦買い取り店に引渡し、中古バイクとして販売されるので新しい持ち主が決まったらその人の名義になります。

バイクを売る際に必要な手続きは、バイクの排気量によっても変わってきますが、基本的に必要な手続きは、すべて買い取り店が代行してくれます。バイクの名義が自分ではない場合、名義変更手続きが必要となりますが、これも買い取り店で代行してもらえます。

手続きをするには必要な書類がいくつかあります。バイクの排気量による違いはあるものの、バイクの査定をしてもらいその後契約をするという流れが一般的となるため、買い取り店では査定をする時に、あらかじめ必要書類を用意しています。買い取り店にバイクを持ち込む場合は、店に必要書類が置いてありますし、出張査定の場合、必要書類はすべて用意した状態で出張査定をするので、自分で書類を用意する必要はありません。

バイクを売る場合に必要な、抹消登録の手続きも全て代行してもらえます。手続きにかかる手数料などは、査定額から引いた金額を提示するので、別途手数料を請求される心配もありません。査定の依頼をする時、手続きについても質問すれば教えてもらえます。