手数料はかからない?

Pocket

バイクの買い取りをしてもらう場合は、バイクの名義が変わります。自分名義のバイクではない場合は、名義人の承諾なしに売ることはできませんので、承諾を得るか前もって名義変更をしておきます。自分名義のバイクなら、通常の手続きでバイクを買い取ってもらえます。

買い取ったバイクは中古バイクとして販売されるのが一般的ですが、この場合にも名義変更が必要です。バイクを売る前に、登録を抹消しなければいけません。これにも別途手続きが必要になるのですが、バイク買い取り店が必要な手続きをすべて代行してくれます。もう動かないバイクや、事故車でも買い取りをしてもらえますが、廃車にするにも手数料がかかります。

こういった手数料はどうしたらいいのでしょうか?別途請求されるのではないか、という不安はありますが、バイクを売るために必要な手続きや、廃車にするために必要な手続きはすべて買い取り店が代行してくれます。バイクを直接見て査定をする際、あらかじめ必要な手数料は査定額から引かれているので、別途請求されることはありません。

これだと損をしているように思えますが、後から払う必要がないので結果的には手間がかからず便利です。疑問がある場合は、本査定の時や、査定を依頼する前に質問しておくと安心です。

買い取りの流れ

Pocket

バイク買い取りサービスの流れを紹介します。まず、どの買い取り店に買い取ってもらうかを決めるため、インターネットで買取店の一括見積もりができるサイトを探します。複数の買い取り店を比較することで、より高く買い取ってくれる店を選べるからです。ただしインターネットでの見積もりは、仮査定に過ぎないため、直接バイクを見て行う本査定とは金額が違います。ここで1つに決めてしまわずに、いくつかの買い取り店に本査定をしてもらい、一番高い査定額を提示してくれたところに決めるのがおすすめです。

査定額に納得できたら、その場で契約ができます。バイクを買い取り店に持ち込んでもいいですし、行けばい場合は出張査定をしてもらえます。契約時に買い取り額を振り込む銀行口座を指定できます。買い取り店がバイクを持ち帰り、もう一度チェックをして問題がなければ、査定額を指定した口座に振り込んでもらえます。

本査定の時に、修理歴や事故歴を隠しているような場合、後で念入りにチェックをすればすぐにわかります。この場合は査定額が変わってくるので、提示された額よりも下がる可能性があります。トラブルの原因となるので、申告すべきところは本査定の時に正直に伝えておくのがおすすめです。

必要な手続き

Pocket

バイクを買い取り店に買い取ってもらう場合は、自分の手元から離れることになります。自分所有のバイクから、一旦買い取り店に引渡し、中古バイクとして販売されるので新しい持ち主が決まったらその人の名義になります。

バイクを売る際に必要な手続きは、バイクの排気量によっても変わってきますが、基本的に必要な手続きは、すべて買い取り店が代行してくれます。バイクの名義が自分ではない場合、名義変更手続きが必要となりますが、これも買い取り店で代行してもらえます。

手続きをするには必要な書類がいくつかあります。バイクの排気量による違いはあるものの、バイクの査定をしてもらいその後契約をするという流れが一般的となるため、買い取り店では査定をする時に、あらかじめ必要書類を用意しています。買い取り店にバイクを持ち込む場合は、店に必要書類が置いてありますし、出張査定の場合、必要書類はすべて用意した状態で出張査定をするので、自分で書類を用意する必要はありません。

バイクを売る場合に必要な、抹消登録の手続きも全て代行してもらえます。手続きにかかる手数料などは、査定額から引いた金額を提示するので、別途手数料を請求される心配もありません。査定の依頼をする時、手続きについても質問すれば教えてもらえます。

バイク買い取りサービスとは?

Pocket

バイク買い取りサービスは、バイクを買い替える時に古いバイクを買い取ったり、乗らなくなって不要となったバイクを買い取ったりしてくれる、買い取り店のサービスです。なぜ古いバイクや故障して動かなく買ったバイクを買い取ってくれるのでしょうか?

買い取り店では買い取ったバイクを中古バイクとして販売します。廃車同然のバイクも部品やパーツが使える場合はその価値を見出し査定してくれるので、下取りでは査定がつかないような状態のバイクでも、一度査定してもらうことをおすすめします。実際に下取りでは査定がつかず、泣く泣く処分するしかないような状態のバイクを、買い取り店に査定してもらったところ、いくらかの査定がついたというケースは少なくありません。

バイクの買い取りをしている店は、たくさんありますので、売る前にいくつかの店の査定を比較して、高いところをいくつか選び、さらに比較すると一番高い査定をしてくれる店を選ぶことができます。査定を比較する時は、インターネットの比較サイトを利用しますが、インターネットで行う査定は、シミュレーションですから本査定とは違います。それでも目安にはなるので、仮査定で高い額を提示してくれたところをさらに比較します。

実際にバイクを見て行う査定とは金額が変わりますが、査定基準を見極めることができるから、より高く買い取ってくれる店を選べます。古いバイクを持て余しているなら、バイク買い取り店の利用を検討してみてください。